メイプル耶馬サイクリングロード

アクセス数/2873回

大分 自然・花を楽しむ 紅葉を楽しむ 歴史・文化を楽しむ

大正2年(1913年)~昭和50年(1975年)の63年間にわたり、中津~守実温泉間を結んだ「耶馬渓鉄道」の廃線を利用する全長35km(うち22kmが専用道)のサイクリングロード。1982年(昭和57年)に整備されて以来、家族連れやサイクリング愛好者など多くの人に親しまれています。2010年に日本経済新聞より発表された「おすすめのサイクリングコース」では全国2位を獲得。鉄道跡を利用しているため勾配が緩やかで、子どもや初心者にもうれしいコースです。
春の新緑、秋の紅葉が有名な耶馬渓や「青の洞門」などの景勝地、鉄道線路の名残り、田園風景、木立、清流などの風景を眺めながら自転車を走らせれば、心身がリフレッシュすること間違いありません。

メイプル耶馬サイクリングロード

メイプル耶馬サイクリングロード

三光コスモス園

三光コスモス園

メイプル耶馬サイクリングロード

メイプル耶馬サイクリングロード

オランダ橋

オランダ橋

羅漢寺

羅漢寺

羅漢寺

羅漢寺

区間
JR中津駅~山国町守実
距離
35km
レンタサイクル
耶馬渓サイクリングターミナル
住所:大分県中津市耶馬溪町大字柿坂353
電話:0979-54-2700
営業時間:10~4月…8:30~17:00、5~9月…8:30~19:00
定休日:火曜日、12/29~1/3 ※12~2月は火・水曜日
料金:1回3時間 大人…370円、中学生310円、小学生以下260円 ※延長は1時間ごとに108円を加算、乗り捨ては1台860円加算
その他
■駐車場情報
○青の洞門
住所:大分県中津市本耶馬渓町曽木2066-7
○コアやまくに
住所:大分県中津市山国町守実130番地
○耶馬溪サイクリングターミナル
住所:大分県中津市耶馬溪町大字柿坂353番地
○道の駅 やまくに
 住所:大分県中津市山国町中摩358番地4
■メイプル耶馬サイクリングロード
http://www.welcomekyushu.jp/cycle-in-kyushu/feature/yaba/

ルート

ルート
第二山国川橋

1第二山国川橋

水害から復興した、かつての鉄道橋
山国川にかかる旧鉄道橋を、自転車専用道として利用しています。2012年夏の豪雨で被災し、橋の一部が流失しましたが、2014年に再建しました。緑豊かな山々に囲まれ、緩やかなカーブを描く橋は絶好のフォトスポット。石造りの橋脚や赤い橋桁を眺めていると、列車が走っていた様子が目に浮かぶようです。

耶馬渓橋(オランダ橋)

2耶馬渓橋(オランダ橋)

長さ日本一!情緒あふれる“オランダ橋”
大正12年(1923年)に完成した石橋で、羅漢寺橋、馬渓橋と並び「耶馬三名橋」に数えられます。橋長116mは日本に現存する石橋の中で最長、8連アーチは唯一です。長崎県に多い石積み方式であることから、地元では“オランダ橋”と呼ばれることも。人々の生活路であり橋幅はあまり広くないので、周囲に気を配りながら渡りましょう。

青の洞門

3青の洞門

通っても眺めても圧巻の絶景スポット
江戸時代、断崖が切り立つ難所であったこの地を訪れた禅海和尚。危険な状況を見かね、享保20年(1735年)頃から石工とともにノミと槌で洞門を掘り始め、明和元年(1764年)頃に約30年の歳月をかけて完成した全長342mの洞門です。菊地寛の短編小説「恩讐の彼方に」(1919年)の題材となり、一躍有名になりました。当時に思いを馳せつつ通るのも、隣接する河川公園から断崖を貫く洞門を眺めるのも、どちらもおすすめです。

道の駅 やまくに

4道の駅 やまくに

中津名物・唐揚げでスタミナ補給!
自転車専用道と並走する国道212号沿いに位置する道の駅は休憩に最適。地元の野菜や加工品の販売に加え、バイキング形式のレストランが評判です。特に名物の「かぶりつき定食」(980円)は、甘醤油タレがかかった唐揚げに、そばorうどん、ご飯、田舎料理バイキングが付いたボリューム満点の定食。唐揚げは、ハサミで切り分けながら豪快にかぶりつきましょう。体力勝負のサイクリング、ここで元気をチャージ!

やすらぎの郷 やまくに

5やすらぎの郷 やまくに

疲れた体を癒す、かけ流しの天然温泉
長く人々に親しまれてきた「守実温泉」が、平成15年(2003年)に、天然温泉や旬の味覚を堪能できるレストラン、宿泊施設を備える「やすらぎの郷 やまくに」としてリニューアル。温泉では、弱アルカリ性単純泉をかけ流しで楽しむことができ、疲労回復や筋肉痛の改善に効果が期待できます。大浴場からは四季折々の姿を見せる奥耶馬渓の山並みを一望。広々とした湯船でゆっくり疲れをほぐしましょう。