冬の温泉特集

エリアレポート
  • 鹿児島
  • 宮崎
  • 大分
  • 熊本
  • 長崎
  • 佐賀
  • 福岡

佐賀県 嬉野温泉

体の芯まで温まる…のはあたりまえ
「美肌になれる!」プラスアルファの魅力がここにはあります

椎葉山荘 見た目は無色透明の普通のお湯なのですが、浸かってみるとトロ~ッと肌にまとわりつくような感触にビックリ。この「ぬめり」の正体は、ナトリウムを多く含む「重曹泉」。重曹泉には角質化した皮膚をなめらかにしみずみずしく保つ効果があり、これが日本三大美人湯とうたわれる所以です。カサカサ乾燥肌に悩む女性のみなさん、ここは見逃せませんよ!
嬉野温泉郷の中でもイチオシの宿が、街の中心から少し離れた山あいの傾斜地にひっそり佇む純和風の宿「椎葉山荘」です。渓流のせせらぎと風にそよぐ木々の音以外には何も聞こえない、風情あふれる“静寂”がたまりません。まさに、何もしないぜいたくを味わえるお宿なのです。

「しいばの湯」と「四季の湯」

 宿を出て、少し坂を上った高台にある「しいばの湯」の露天風呂は、西九州最大の広さを誇ります。「露天」でこのスケールは、なるほど町の中心部では無理。この場所にある理由が判りました。ただ、しいばの湯の泉質は単純泉。トロトロ感は体感できませんが、刺激が少ないので皮膚が弱い方や肌に疾患のある方には断然こちらがおすすめ。保温効果や効能も遜色ありません。宿泊者は同じグループの大正屋の温泉にも入湯できるから、トロトロの重曹泉ももちろん堪能できます。キーンと冷えた冬空の下で、ゆっくり時間をかけて…。2つの泉質を楽しんでみて。


写真は上が「しいばの湯」、下が大正屋の「四季の湯」

日帰り入浴:可
効能:神経痛、筋肉痛、関節通、冷え性、疲労回復など
所在地:佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内字椎葉乙1586
TEL 0954-42-3600
交通アクセス:長崎自動車道 嬉野ICより車で10分

もはやサイドメニューとは呼ばせません。味も栄養も満点の鍋料理です

湯豆腐 嬉野温泉の名物料理といえば、とろける湯豆腐ですね。ナゼ「とろける」のかというと、嬉野の重曹泉で茹でるから。煮込むにつれて徐々にカドが取れていく豆腐。同時に、どんどん白濁していくお湯、そしてたちこめるほんのり甘い香り。ネギと生姜、ゴマ醤油で味付けしていただきます。中に入れるお豆腐は、地元で栽培した低農薬の大豆「むらゆたか」と本にがりを使った、キメが細かく風味豊かな手作りの逸品。それが溶け出しているんだから、スープだってクリーミーで美味しいのです!コレを食べると、もう普通の湯豆腐なんて食べられません(笑。

山法師

しいばの湯に併設するレストラン「山法師」では、一人前525円でこの絶品湯豆腐がいただけます。ここだけの話ですが、一品料理にはすべて「ご飯とわかめスープ食べ放題」が付くので、この価格は超おトクですよ!


所在地:佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内字椎葉乙1586  
TEL 0954-42-3600 営業時間:11:00~21:00  
定休日:なし

湯上がりの一杯は、地酒でほっこりうれしいの~

 温泉の後には、ぜひ地元「井出酒造(有)」のお酒をいただきましょう。看板地酒の清酒「虎之の児」シリーズをはじめ、大吟醸をソフトに仕上げた「うれしいの~」や、悪酔いしない(と一般的には言われています)特別純米酒「うれしの古湯(ことう)」は女性にも人気。いかにも嬉野らしいラベルはお土産にも喜ばれそう。
写真は左から
特別純米酒「うれしの古湯」1550円、大吟醸酒「うれしいの~」1784円、普通酒「虎之児の上撰」1888円


お酒の問い合わせ先:井手酒造有限会社
所在地:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙806番地1
TEL:0954-43-0001 FAX:0954-43-0002

井出酒造
社団法人嬉野温泉観光協会 >>
福岡県の代表的なひな祭り
佐賀城下ひなまつり

佐賀藩36万石の城下町として栄えた佐賀市。この地のひなまつりは雛人形の質の高さと優雅さにあふれています。江戸末期から明治にかけて、鍋島家の歴代夫人たちが所用した雛人形、雛道具は豪華で風格さえあり、今年は、鍋島家から宇和島伊達家へ嫁いだ観姫(みよひめ)様の里帰り展示もおこなわれます。
 平成20年2月16日(土)~3月31日(月)
詳しくはこちら >>
佐賀県の代表的な灯りの祭典
別府八湯 湯けむり、あかりのまつり
あたたかな湯の街に華灯籠(とうろう)が灯り、揺れる暖簾(のれん)がお出迎えします。
嬉野の中心市街地にある本通り商店街に、百人一句を掲載した高さ2メートルの百句百灯華灯籠が、100基優雅に立ち並び、様々な手作り灯籠と灯りのオブジェを茶染めの暖簾がさらにあたたかい彩りをそえます。
詳しくはこちら >>
エリアレポート
  • 鹿児島
  • 宮崎
  • 大分
  • 熊本
  • 長崎
  • 佐賀
  • 福岡
特集一覧へ
PAGETOP