春の花特集

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島

福岡春の花特集


桜

和布刈公園 

 

桜(3月下旬~4月上旬) ツツジ(4月)

大パノラマが広がる抜群のロケーション

“関門海峡を見下ろす公園”

 関門海峡を見下ろす位置にある古城山山頂一帯が公園になっていて、春には全体に桜が咲きほころびます。 響灘に沈む夕日が美しく、日没には海峡をはさんで門司と下関の街明かり広がる夜景が素敵で、きっと見る人の心を感動に導くでしょう。
門司港レトロ地区からも近く、デートには絶好のコースです。 源平合戦最後の壇ノ浦の戦いがあった場所も望め、展望台には合戦の大壁画があり歴史ロマンにもひたれそう・・・。
全国有数の野鳥の飛来地としても知られています。

秋月

 

桜(3月下旬~4月上旬)

筑前の小京都と言われています

“有名な桜のトンネル「杉の馬場」”

 秋月は、約800年の歴史ある城下町です。普段はひっそりとした佇まいの面持ちで心落ち着きます。武家屋敷や美術館、郷土館などがあり観光名所にもなっています。
桜の咲く季節は花見客や観光客で多くの人々が集まります。
満開になった桜からこぼれ落ちた花びらが舞い散る、風の中を歩く時は、時空を超えた不思議な気持ちになり、うっとりとしてしまいます。
葛きりが有名で茶店や出店もあります。ちょっと一休みして眺める桜の花もまた格別なのです。秋には紅葉も綺麗です。

西公園

 

桜(3月下旬~4月上旬)

お花見シーズンには露店も立ち並びます

“選ばれた「 さくら名所100選」”

 西公園は福岡市のほぼ中央に位置し、博多湾に突き出た面積約17万平方メートルの丘陵地です。
山頂付近にある光雲神社(てるもじんじゃ)は黒田如水と黒田長政が祀ってあります。 参拝し、お賽銭を入れると、不思議・・・ツルの鳴き声が聞こえてきます。 ここからの展望は、博多湾、荒戸大橋、遠くは志賀島を望みます。 県民憩いの場所で、桜の開花時期には多くの花見客で大賑わいです。

ツツジ

甘木公園

 

桜(3月下旬~4月上旬) ツツジ(4月) 菖蒲(6月)

有明海と朝倉市街地を一望できます

“総面積3170平方メートルの広大な敷地”

 公園の中心にあるひょうたん型の桜池・もみじ池をぐるりと囲むようにして、ソメイヨシノが植えられており、池に映える満開の桜は圧巻。花見期間を過ぎると同時に、池のまわりは赤やピンク、白の鮮やかなツツジで彩られます。その数約5000株。池では放流された「べら」などが釣れ、ファミリーフィッシングに最適な釣り場でもあります。 園内には遊歩道が設けられており、散策やハイキングもできます。 市民球場やテニスコート、音楽堂などもあります。

菜の花

能古島

 

菜の花(2月下旬~4月中旬) 桜(3月下旬~4月上旬) ポピー(3・4月) ツツジ(4月)

花や緑・動物達の楽園です

“博多湾に浮かぶ能古島”

 福岡市西区の姪浜渡船場からフェリーに乗って約10分で到着するひょうたんの形をした人口800人、南北3.5㎞、東西2㎞の小さな島です。
都会の喧騒から切り離された異空間は、どことなくメルヘンな雰囲気が漂います。
海を眺めた先に見える福岡市街地、志賀島の展望と、花畑と自然のコントラストは絶妙です。青空を見上げると鳶がゆうゆうと飛んでいて気持ち良さそう・・・。しかし油断は禁物!目を離したすきに急降下してきて、お弁当などを奪って行く事も多いのです。キャンプ場もあり1年を通じて楽しむ事が出来ます。

藤

黒木の大藤

 

藤(4月中旬~5月上旬)

見とれるほどの美しさで魅了されます

“樹齢600年・黒木の大藤”

 藤棚の面積は環境整備の藤棚も含めて2700平方メートルあるそうです。数千万の花房が垂れ下がり、まさに藤色が一面に広がり、ほのかな香りに包まれいい雰囲気です。
『 藤の花は天気、時間帯などによりそれぞれ味わい、趣が違ってきます。また時期によりライトアップされ、見応え十分です! 』 との黒木町の職員の方からの情報もいただきました。
JR羽犬塚駅からバスを乗り継いでも行けますが、私は車でのアクセスをお勧めします。
国指定天然記念物です。

福岡花の拠点一覧 佐賀花の拠点一覧 長崎花の拠点一覧 大分花の拠点一覧 熊本花の拠点一覧 宮崎花の拠点一覧 鹿児島花の拠点一覧
特集一覧へ
PAGETOP