冬の温泉特集

エリアレポート
  • 鹿児島
  • 宮崎
  • 大分
  • 熊本
  • 長崎
  • 佐賀
  • 福岡

大分県 赤川温泉

赤川温泉『赤川荘』

赤川温泉

 阿蘇くじゅう国立公園3種特別地域にある渓流沿いの一軒宿『赤川荘』。
ここに美しき自然が生み出した神秘の温泉があります。
日本の鉱泉の中でも有数の硫黄含有量を誇る「赤川温泉」は、
青白い色をした硫黄泉で、その美しい湯は希少な秘湯と称えられています。

お湯は、3本の源泉から自然湧出した100%かけ流しの天然温泉(一部加温あり)。“日本三大天然湯の花”と評判の良質な湯の花からは、いくつかの商品も生産されており、特に「濃縮石鹸」は、その優しい使い心地からリピーター続出の逸品だそうです。
赤川荘  国有林の特別地域に建てられている為、全館禁煙、周辺にまで環境配慮を徹底した宿でもあります。


日帰り入浴:可 飲用:可
飲用効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性、慢性皮膚病(アトピー等)、慢性婦人病など
所在地:大分県竹田市久住町赤川4008-1
TEL 0974-76-0081 FAX 0974-76-0091
定休日:第2水曜日
交通アクセス:大分道日田ICより50分

「元祖ごまうどん」のお店『まつや食堂』

ごまうどん 竹田名物ごまうどん。
その「元祖ごまうどん」のお店『まつや食堂』は、城下町のほぼ中心にある昔ながらの食堂です。竹田では古くから「うどん」にゴマをかけ、醤油をたらして、おやつ代わりに食べていたそうで、これをベースに老舗『まつや食堂』のご主人が考案したのが現在の「ごまうどん」です。
カツオのだしが効いた醤油スープには、細かくすりつぶした白ゴマがた~っぷり。それに麺を絡ませていただきます。
一見とてもシンプルですが、カツオとゴマの風味が後を引き、最後まで美味しく食べられます。ゴマの効果なのか食べた後はけっこうな満腹感。

まつや食堂  体が芯から温まるので、特にこれからの寒い時期にはおすすめですヨ!
ごまうどんは480円、ワンコインで気軽にいただけるのも嬉しいですネ☆
メニューは他に、ちゃんぽん(530円)やカツ丼(630円)など食堂ならではの豊富なメニューが揃います。
お店は一人でも立ち寄りやすい素朴な雰囲気です。

所在地:大分県竹田市竹田町291  
TEL 0974-63-2105 営業時間:10:00~19:00  
定休日:毎週日曜日

久住ワイナリー

久住ワイナリー 阿蘇くじゅう国立公園の久住連山に抱かれるように、整然と列をなす葡萄の木。
2002年から植え付けをし、天候やさまざまな問題を乗り越えた2006年、ついに5ヘクタールの葡萄畑(日本最大級の一枚畑)を誇る『くじゅうワイナリー』が誕生しました。
オーナーである藤井文夫さんをはじめ、農園で働く人たちが丹精込めて育てた葡萄で造られたワインは、久住の恵みと愛情がいっぱいに詰まった、正真正銘の“久住産”。ワイナリーでは、ワインの販売はもちろん、試飲もできるのでじっくりと味を比べて自分好みの1本を選ぶことができます。

久住ワイナリー

 雄大な土地で育った新鮮な自家製ワイン。自然の香り溢れるワインを目当てに、出かけてみてはいかがでしょうか。
※葡萄の木のオーナーになると、葡萄で作ったワイン各種(5~7種類)が送られてくる他、春に催される新作ワインの試飲会、収穫祭やバーベキューなど文字どおり“美味しい”特典が楽しめます。
※ソフトクリームの営業は3月~11月まで。


所在地:大分県竹田市久住町大字久住3990-1  
TEL  0974-76-1002 営業時間:10:00~18:00  
定休日:不定休

ツーリズムおおいた >>
福岡県の代表的なひな祭り
城下町中津のひなまつり
今も整然とした町並みや、旧武家屋敷跡などかぐわしい歴史散歩に誘われる城下町です。
 平成20年2月23日(土)~3月9日(日)
詳しくはこちら >>
城下町杵築散策とひいな(雛)めぐり
別府湾を望む九州豊後路の小京都、坂道の城下町を散策し武家屋敷と老舗に飾られる雛人形を鑑賞します。
 平成20年2月9日(土)~3月9日(日)
詳しくはこちら >>
天領日田おひなまつり
「廣瀬資料館」の天保年間のひな飾りは、通年公開され、ひな巡りコースのハイライトです。その贅を尽くしたひな人形の数々は全国的にも珍しいものです。
  平成20年2月15日(金)~3月31日(月)
詳しくはこちら >>
大分県の代表的な灯りの祭典
別府八湯 湯けむり、あかりのまつり
鉄輪湯けむりライトアップ、竹瓦温泉ライトアップ、八十八湯、一つ一つの温泉が五感に語りかけます。
一つ一つの泉質や温度、味わいをじっくり堪能、ふんわり温かになり、日頃のストレスを忘れ、心の充電を。入れば入るほどまぶしいぐらいに明るく輝いていきます。
詳しくはこちら >>
エリアレポート
  • 鹿児島
  • 宮崎
  • 大分
  • 熊本
  • 長崎
  • 佐賀
  • 福岡
特集一覧へ
PAGETOP