春の花特集

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島

宮崎春の花特集


桜

母智丘公園

桜 (3月下旬~4月上旬)


“日本のさくら名所100選のひとつ”

 2600本のソメイヨシノが咲きほこる県内屈指の桜の名所「母智丘(もちお)公園」。約2km続く桜並木は、「桜の名所100選」にも選ばれるほどです。
丘の頂上には母智丘神社があり、ここから眺める桜並木の美しさも格別です。
3月下旬から4月上旬に開催される桜まつりでは、民俗芸能や踊り、各種イベントが行われ、連日賑わいをみせます。

綾馬事公苑

桜(3月下旬から4月上旬)


“ちょっと変わった花見をしたいならココ!”

 約1300本のソメイヨシノが馬事公苑の馬場一面に咲き誇り、3月下旬~4月上旬にかけては、「綾の桜祭り」が開催されます。
約2万本の花々が彩りを添えた直径28mの花時計もあり、広大な芝生で桜を眺めながらゆっくり時間を過ごすことができます。
また、乗馬体験や引き馬体験など馬と触れ合うことができるのも魅力のひとつです

原田家のしだれ桜

桜(3月下旬~4月上旬)


“五ヶ瀬町指定天然記念物のしだれ桜は必見!

 原田家のしだれ桜は、県天然記念物に指定されている浄専寺のシダレザクラの子だと言われています。
民家のため庭先には入ることはできませんが道路沿いから観賞が可能です。 また、近くにある浄専寺のしだれ桜も有名で、幹周り約3m、高さ約15m、樹齢250年~300年とも言わるれ宮崎県天然記念物に指定(昭40.8.17)されております。五ケ瀬町だけでも約300本に上り、これほど見事な枝垂れ桜は宮崎ではまず見る事が出来ません。お隣の三ヶ所神社の桜も見応え十分です。

菜の花

生駒高原

菜の花(3月中旬~4月中旬)ポピー(4月中旬~5月下旬)コスモス(9月下旬~10月下旬)

 

“広大な斜面に広がる一面のお花畑”

 霧島山のすそ野標高550m付近にあり、霧島連山が背に広がる生駒高原は、季節によって色々な花が楽しめます。
春には菜の花が咲き誇り、3月中旬から4月中旬には菜の花、4月中旬~5月下旬には色鮮やかな15万本のアイスランドポピーが一面をいろどります。
秋になると100万本ものコスモスが高原を埋め尽くし、観光客の目を楽しませてくれます。また、九州では珍しいりんご狩りができる観光果樹園もあり、新鮮なもぎたてりんごの味をその場で楽しむこともできます。

西都原公園

菜の花、桜(3月下旬~4月上旬) ツツジ(4月上旬~ら5月下旬) コスモス(10月)


“桜、菜の花、ツツジ、コスモスと四季折々の花を楽しむ”

 3月下旬になると2000本のソメイヨシノと山桜、御陵前の畑には30万本の菜の花とが同じ時期に見頃を迎え大変見ごたえがあります。
男狭穂塚・女狭穂塚を背景に淡いピンクの桜並木と、一面に広がる黄色い菜の花の織成す風景は西都原ならではのものです。 また、4月上旬になると、西都原考古博物館西側の高取山ではミツバツツジが、山一面を真っ赤に染めます。
古墳群のあちこちにあるツツジや八重桜、新緑と絶妙の調和を保って、5月頃まで訪れる人を楽しませます。

ツツジ

椎八重公園

ツツジ(4月~5月)


“新緑の季節の到来を告げるツツジまつり

 宮崎県のツツジの名所であり、4.6haの公園一帯の斜面が6万本の真っ赤なツツジ(躑躅)で彩られる公園です。
毎年、4月中旬~4月下旬に「椎八重公園つつじまつり」が開催され、期間中は夜間照明が点灯されます。 頂上には展望台とアスレチック広場もあり、高台から見下ろした周囲の木々の緑とツツジの深紅のコントラストが美しい公園です。また、頂上付近には八重桜なども咲いています。 椎八重公園のすぐ近くには長田狭、しゃくなげの森などもあり、足をのばしてみるのもお勧めです。

福岡花の拠点一覧 佐賀花の拠点一覧 長崎花の拠点一覧 大分花の拠点一覧 熊本花の拠点一覧 宮崎花の拠点一覧 鹿児島花の拠点一覧
特集一覧へ
PAGETOP