九州バス旅

東まわり2泊3日コース

SUNQパスホームページ

1日目 福岡市内の見どころを網羅。「ぐり~ん」に乗って市内観光へGO! 

1日目は九州の玄関口「福岡空港」に降り立って、九州東まわりのバス旅の始まりです!SUNQパスはオンラインで購入できるので、旅の前に手に入れておくのがオススメです。北九州なら3日間乗り放題で8,000円とお買い得!

福岡タワー

 福岡空港から路線バスで博多駅へ移動したら、博多駅交通センターからシティループバス「ぐり~ん」に乗って福岡タワー南口で下車。高さ234m、海浜タワーとしては日本一の規模を誇る、福岡のウォーターフロントのシンボルに上ってみましょう。地上123mの展望室からは福岡市内や博多湾が一望できて爽快!

  • MAPを見る

ホークスタウン

 福岡の街を一望した後は、福岡タワー南口からシティループバスに乗ってシーホークホテル・ヤフードーム入り口前下車。ホークスタウンは、ショッピング、グルメ、アミューズメント施設を有する巨大な「街」。「ホークスタウンモール」にはショップや飲食店の他に天然温泉もあり、「JALリゾートシーホークホテルアベニュー」には、博多織に斬新なファッションデザインを融合させた博多ブランド「HAKATA JAPAN」も。

  • MAPを見る

平和台鴻臚館前・福岡城跡

 次は、平和台鴻臚館前・福岡城跡で下車。黒田長政(初代福岡藩主)が築城した、400年の歴史を持つ福岡城跡(国指定史跡)をそぞろ歩いてみましょう。堀に囲まれたエリアにはいくつかの櫓や門が残っています。「鴻臚館」は、1300年以上前に大陸からの使節を招いた施設。いわば迎賓館のような役割を担っていました。建物跡や国際色豊かな陶磁器など、発掘したままの姿で保存されている遺跡を、無料で見学することができます。

  • MAPを見る

柳橋連合市場

 柳橋連合市場は、幅1mほどの小路と数本の路地に約70件のお店がひしめき合う『博多の台所』。全体の3分の1が鮮魚・塩干物の店で、辛子明太子、玄界灘の活きのいい魚、冬は天然のとらふぐ、あんこう、あらなどが並び、福岡名物:屋台の食材は、多くがここから提供されているのだとか。老舗鮮魚店「吉田鮮魚店」の2階は食堂になっていて、ここでいただく海鮮丼(650円)が大人気。鮮度はもちろん、お刺身の大きさ、タレの味、どれをとっても絶品です!

  • MAPを見る

石蔵酒造・博多百年蔵

 ここは福岡の都市部に残る唯一の造り酒屋。酒造り見学、試飲ができます。百年蔵といえば、福岡県産米の山田錦をぜいたくに使った吟醸酒「如水」が有名ですが、私の個人的なお気に入りはスパークリング清酒「あわゆら」。シャンパンのような甘酸っぱくて軽い口あたりは、日本酒の概念を一新。すーっと飲めるし、アルコール度数も7度(普通の清酒の約半分)と低め。バスで揺られて疲れた内臓を、シュワシュワと優しく癒してくれました。

  • 所在地/福岡県福岡市博多区堅粕1-30-1
  • 問合せ先/TEL 092-651-1986  FAX 092-632-0864
  • MAPを見る

屋台おかもと

 博多の旅のシメは、やっぱり屋台!とはいえ「たくさんありすぎてどこに行けばいいのか判らない」という声をよく耳にします。そんな方のために、ハズレのない一軒を紹介しましょう。天神の渡辺通り、福岡Bivi前にお店を構える屋台「おかもと」です。ここのラーメンは、こってり濃厚な味なのにとんこつ独特の臭みが気にならないスープが秀逸。替え玉オーダー率も高いのだそう。他、牛サガリステーキ、ちゃんぽんのスープ&具材でご飯を煮込んだ、その名も“おじちゃん”など、ラーメン以外のおいしいメニューもいっぱい!

  • 所在地/福岡県福岡市中央区渡辺通り4丁目(セントラルホテルフクオカ斜め前)
  • 問合せ先/090-3798-7347
  • MAPを見る
1日目感想

 史跡・旧所めぐり、食べ歩き、ショッピング…どんな目的で訪れても楽しい、九州一の大都市「福岡」。たくさんの魅力がギュッと詰まったこの街には、路線バスがくまなく網羅されていて本数も多く、どこに行くにもバスでOK!なんだけれども、やっぱり乗り慣れていないと、迷ったり乗り間違えたりしてしまうもの。行きたいスポットへ確実に連れて行ってくれるシティループバス、これは使い勝手“大”ですヨ!
グリーンホームページはこちら

ページの先頭へ

2日目 九州の小京都を散策して、日本一の温泉で地獄体験!?

2日目は大都市・福岡を後にして、
天神バスセンターから高速バス「ひた」号に乗車、バスに揺られること1時間41分。「場内豆田入り口」で下車します。

豆田町

 天神バスセンターから高速バスに乗って日田へ。古い民家や土塀が残る“九州の小京都”豆田町を散策してみました。土産店の軒先には日田杉の下駄やサンダル、今では珍しい「蛇の目傘」などが並んでいて、まるでタイムスリップしたかのよう。天領日田資料館、広瀬資料館、咸宜園などでは豆田町の歴史を学ぶこともできます。

  • MAPを見る

薫長(クンチョウ)酒造

 花月川沿いに建つ、約300年の歴史を経た酒蔵。ここの蔵元ショップでは、いろんなタイプの清酒が試飲できます。中でも印象に残ったのは、「薫長のにごりはクセになるよ」と地元の人々が太鼓判を押す、蔵元一番人気の“生にごり酒”。とろ~りコクがあってやや甘口、それでいて後味はすっきり。秋の夜長に、少しずつ味わいたいタイプのお酒でした。 2000坪の広~い敷地には、江戸時代の酒蔵と当時使われていた酒造りの道具を展示した資料館、カフェ&ギャラリー「旅の舎」も併設。お子さんや飲めない人には、薫長酒蔵オリジナル、赤米入りアイスクリームがおすすめ!

  • 所在地/大分県日田市豆田町6-31
  • 問合せ先/TEL 0973-22-3121 FAX 0973-23-0033
  • MAPを見る

別府地獄めぐり

 日田インターから高速バスに乗って約1時間10分。日本一の湧出量を誇る別府温泉へ到着です。高速バス「とよのくに」の鉄輪口停で下車すれば、地獄めぐりは徒歩圏内です。また、いったん別府駅までいって、路線バスで行くことも可能。 海地獄、山地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄は比較的近い範囲に集中しているので、海地獄前までバスで行けば、あとは歩いて観光することができるのです。モクモクと立ち上がる湯気の下には鮮やかなコバルトブルーや乳白色の湖面…ボコボコ、ゴウゴウと音を立てて噴出する泥土…。大自然が作り出す脅威と神秘を、たっぷり堪能しました!

  • MAPを見る

大分香りの森博物館

 2007年11月、別府大学のキャンパス隣にオープンした日本最大規模の香りのミュージアム。香りの歴史、文化などがわかりやく展示されていて、見て、触って、聞いて、香って…五感をフルに活用して、「香り」が体験できます。また、ここで製造されているオリジナル香水「カボスオードトワレ」は、テレビなどでも紹介され話題になりました。カボスといえば、大分を代表する特産品。少し酸味があってまろやかで芳醇な香りは、お土産にも喜ばれそう。

  • MAPを見る

竹瓦温泉

 旅館の立派な露天風呂もいいけれど、別府に泊まるなら市営の共同温泉にも足を延ばしてみましょう。別府の共同浴場は、リーズナブルなだけじゃなく風情があるのです。特にココ竹瓦温泉は、正面の唐破風の屋根を持つ壮麗で大規模な木造2階建てのレトロな外観が特徴。内湯だけなら100円で利用できますが、ここまで来たらぜひ砂湯(1000円)を体験して。砂湯に仰向けに寝ると、「砂かけさん」が温泉で温められた砂をお腹から足、肩と掛けてくれます。この心地良さは、病みつき必至!?

  • MAPを見る

海鮮いづつ

 夕食は、『行列のできる海鮮丼』が有名な「海鮮いづつ」で。鮮魚店が経営するお店というだけあって、ネタの大きさ、鮮度、種類の豊富さ…すべてが期待を裏切りません。写真では判りませんが、なんとご飯が酢飯なのです。「温かいご飯の上に乗せると、刺身の風味を損ねてしまうから」と、ご主人の稲垣さん。新鮮な刺身をベストな状態で食べて欲しいという、こだわりが伝わってくる一品です。また、関アジ・関サバも、驚くほど良心的な値段で味わえます。その他、メニューには大分の郷土料理「とり天」や「りゅうきゅう」も。

  • MAPを見る
2日目感想

 風情あふれる古い町並みを楽しみ、郷土料理を思う存分味わって、日本一の湧出量を誇る温泉でほっこり。盆地の日田と、海に近い温泉街・別府。それぞれ趣の異なる二つの町を旅することで、とびきりぜいたくな「旅」が実現しました。

ページの先頭へ

市世界最大級のカルデラを突っ切って、九州をどーんと横断!

3日目は温泉を存分に楽しんだ大分に別れを告げ、
別府駅前から九州横断バス「あそ2号」に乗って1時間56分。阿蘇の大自然、「瀬の本高原」で下車します。

瀬の本高原

 別府駅前を出発して約2時間。九州横断バスはここで10分の休憩時間をとります。標高850~900m、阿蘇北外輪山と九重連山の間に位置する高原地帯で、南に阿蘇五岳、北に九重連山を望む雄大な景観が広がります。秋の紅葉やススキの穂波の景観が特に美しく、「熊本緑の百景」第1位に選ばれているのだとか。バスが停車する三愛レストハウスには、熊本県内全域のお土産品が揃います。

  • MAPを見る

草千里ヶ浜

 立入規制が行われている場合や、ぜんそく、気管支や心臓に疾患のある人は、草千里でバスを降りることも可能。草千里は、阿蘇五岳のひとつ「烏帽子岳」の中腹に広がる直径約1kmの草原。牛や馬が放牧されていて、4~11月は乗馬体験もできます。レストランや土産店、オルゴール響和国、阿蘇火山博物館などの施設も充実しているので、ゆっくりと思い思いの時間が過ごせます。

  • MAPを見る

阿蘇山中岳火口

 いよいよ、阿蘇山西駅に到着です。ここからはロープウェイ(別料金)に乗って、火口駅へ。エメラルドグリーンに染まる火口湖は、神秘的で美しいのだけれど…噴火に備えて設置されたたくさんの退避壕を見ると、脅威的な存在だということを実感。山頂から遊歩道を少し下ると、一面を砂で覆われた「砂千里」が。こちらの眺めも壮観ですよ!
※風向きによっては立入規制が行われることもあります。

  • MAPを見る

阿蘇ファームランド

赤水駅前でバスを降りて、阿蘇ファームランドに立ち寄りました(赤水駅からはタクシーで)。ファミリー向けのレジャー施設かと思いきや、火山温泉やマグマスパ、古い角質を小さな魚が食べてくれるドクター・キッスフィッシュなど、おとなが喜ぶ癒しのスポットがいっぱい。美味しい乳製品も、買いそびれたお土産品も、ここで揃います。

  • MAPを見る

阿蘇ビール

 阿蘇ファームランド内にある全てのレストランで、工場直送のおいしい地ビールが飲めるんです♪常時揃っているのは、ウィートエール、ペールエール、ペールラガー、ポーター、アンバーエールの5種類。写真は、クセが無く飲みやすいと人気のペールラガーです。ゴクゴク飲めて、和・洋・中、どんな料理にも合いそう。

  • MAPを見る

バイエルン

 阿蘇ファームランドを出て、道を挟んで斜め向かいに建つハム・ソーセージ工房・㈱阿蘇ナチュラル・Jファーム。隣接する直営レストラン「バイエルン」では、作りたての生ハムやソーセージをパンやスープと一緒に頂けます(もちろん持ち帰りOK)。写真は、メニューには無いけれど特別に用意してもらったソーセージの盛り合わせ。ハーブウィンナーや荒挽きソーセージ、ピリッと辛いポリニッシュソーセージと、全て違う種類なのです。味も歯ごたえも違う、利き酒ならぬ利きソーセージを楽しみました。

  • MAPを見る
3日目感想

 阿蘇って、車がなくちゃ行けない観光スポットだと思っていました。ところが、別府から熊本空港・熊本市内まで、九州を横に突っ切る「九州横断バス」に乗れば、九州でもいちばん雄大な大自然を眺めながら移動できるのです。阿蘇山西駅での90分の休憩&昼食付「あそ号」なら、火口の見学も可能。飛行機の時間に余裕があれば、熊本市内観光も楽しめます。

ページの先頭へ
その他のコースを見る
特集一覧へ
PAGETOP