夏の海特集

島のエリアレポート 長崎 五島列島は九州の最西端に位置し、福江島、久賀島、奈留島、若松島、中通島の五つの島を中心に、約140の島々からなり、
東シナ海に沈む美しい夕日を見る事が出来ます。 複雑な海岸線とキリシタンの歴史を物語る多くの教会群が独特な景観を見せ、白い砂浜と藍緑色の海は五島の夏を魅力的に引き立てています。アーティストにも人気が高く、ミュージシャンなどお忍びでやって来る事も多い様です。
五島の高浜海水浴場と上五島の蛤浜海水浴場
 環境省の「快水浴場百選」(2006年)に選定された高浜海水浴場は、 白い砂浜と東シナ海に広がる青色のグラデーションが美しく夏の海水浴シーズンは、家族連れや仲間同士で是非訪れてほしいスポットです。キャンプ場やスポーツ広場が併設されていて、ヨット、サーフィン、ジェットスキーなどもオールシーズン楽しむことができます。
 上五島の蛤浜海水浴場も「快水浴場百選」に選定されています。
高浜海水浴場
五島市観光サイトは こちら >>
蛤浜海水浴場
新上五島町公式HPは
こちら >>


 
黒い岩肌が特徴的な鐙瀬溶岩海岸
鐙瀬溶岩海岸  鬼岳から流れ出た溶岩で形成された鐙瀬溶岩海岸は、ゴツゴツとした真っ黒な岩と透明感のある青い海の色が特徴です。
 対馬暖流の影響により、シュロやデイゴなどの南方系の植物と五島に多く自生するつばきを見ることができます。初夏には五島特産の「つばき油」の原料となるつばきが沢山の赤い実をつけます。
 鐙瀬ビジターセンターでは、五島列島の自然や動植物を紹介しています。珍しい奈留島ビーチロックがごろんと置いてあったり、古代から生息し独特の鼻状突起をもつ天狗蝶の標本、大瀬崎から中国大陸へ渡るハチクマ越冬の様子などが展示されています。
日本野鳥の会 長崎県支部 >>
テングチョウとビーチロック
音をたて大空に揚がるバラモン凧
バラモン凧 バラモン凧は、五島に古くから伝わる伝統工芸品です。皆さんも1度は目にされた事があるのではないでしょうか?絵柄はインパクトがあり、彩りもはっきりしているので、今は縁起のよい魔除け凧として、お土産だけでなくインテリアとして店のオープン記念にプレゼントされる事も多いようです。
 バラモンとは方言で「荒くれ者、元気者」と言う意味だと教えて下さったのは五島バラモン製作所工芸師の野原さんです。昔は色付けに食紅を使っていたので今とは、少し風合いが違っていたとの事。絵柄の中にクロス(十字)模様があるのも特徴。私が手にしている大きさは約2メートルで価格は2万円くらい。
五島の暮らしに根付く教会群
堂崎教会  五島にある教会の多くがカトリックで人口に対する信者の数は日本一だと言われており、風土に根ざした信仰が守り続けられています。
左)堂崎教会
 県指定文化財 赤レンガでゴシック様式の天主堂は海辺にたたずみ、自然の風景に調和して心が和みます。教会内は貴重なキリシタン資料が展示されています。
九州観光大百科事典へ>>
右)青砂ヶ浦教会
 国指定重要文化財 奈摩湾の中腹に西に向いて立つ教会の、ステンドグラス越しの夕日は幻想的です。舟底天井が特徴。
九州観光大百科事典へ>> 
青砂ヶ浦教会 青砂ヶ浦教会

中ノ浦教会

中ノ浦教会 中ノ浦教会 左)中ノ浦教会

入り江の水鏡に映った白い教会は絵画的で美しく、つばきをあしらった内装が印象的です。特に12月に行われる光のイルミネーションは必見です。
五島をはじめ長崎県内には多くの教会があり、これらの建築物を文化財として後世に残すため「長崎の教会群を世界遺産にする会」が発足し運動が展開されています。

船で行くキリシタン洞窟

 キリシタン洞窟は、高さ5mの岸壁の裏側にあり、船でしか行く事が出来ません。洞窟の入り口手前には、大岩があり、海岸から見えない様になっています。
 明治初期にキリスト教弾圧が過酷になると、キリシタンが洞窟に隠れ信仰をしていたのですが、沖を通る漁船に立ち昇る煙を見つけられ、隠れていたキリシタンたちが捕らえられ、処刑されたという悲しい歴史があるそうです。
 今は、「平和キリスト像」がその場所に建立されています。

九州観光大百科事典へ>>
 途中、若松大橋の下をくぐり、海中公園を通過したのですが、海中公園は、藍緑色の海に丸い小さな島々が浮かんでいてなんとも美しい場所でした。ここで泳ぐと淡水が湧き出ているのか、あまりベタベタしないのだそうです。
海中公園
キリシタン洞窟
 
五島うどん作り体験と鯨賓館ミュージアム
鯨賓館ミュージアム 有川の鯨賓館ミュージアムは、外観も鯨の形をしています。天井には原寸大のミンク鯨の骨格標本が吊り下げられています。1Fでは、当時の捕鯨の歴史や漁の仕方など、資料や道具、標本と共に展示されています。
鯨賓館から歩いてすぐに五島うどんの里があります。

うどんの里  早速、うどん作りにチャレンジ!! 長~いうどんを引き伸ばし、くっつかない様に棒で放してから乾かしていきます。最初モタモタへっぴり腰の私・・・次第に慣れてスピードアップしてきましたよ!
  さぁ、働いた後は待ちに待った五島うどんの昼食です。 地獄炊きをいただきました。薬味と卵とゆずごしょうをたっぷり出汁に入れていただきます。卵がまろやかなお味で、想像を超えた美味しさです。
お土産をまとめて買う所が少ないように思える五島ですが、有川の鯨賓館と五島うどんの里は、お土産コーナーが充実しています。
フェリーに乗って、五島市(福江島)から上五島へ五島のMAP
教会をたずえねる方のために・・・
教会を訪ねて  観光を目的として訪問される際には教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。  
*** これだけは守っていただきたいこと ***
内陣(祭壇)の所は神聖な場所です。絶対に立ち入らないようにしましょう。
ミサ(礼拝)は神聖な儀式です。写真撮影は止めましょう。
教会内での飲食や、タバコの喫煙は禁止です。
大声で騒いだり走り回るのもマナー違反。特に子供さんをお連れの場合は同伴者が気を配って見学するようにしましょう。
教会内には色んな物(祭礼品、装飾物など)があります。むやみに手を触れないようにしましょう。
関連情報
大瀬崎灯台

日本で最後に沈む夕日を見よう!
大瀬崎灯台は、最西端に位置する岬で夕日が九州で最後に沈む場所として有名です。
長崎夕日のアトリエ>>
九州観光大百科事典へ>>

椿の実五島は日本でも有数のつばきの自生地です。
椿の種から取れる油はオレイン酸を多く含み酸化しにくいのが特徴です。整髪料や食用として多く利用されます。
コンカナ王国
コンカナ王国は充実したリゾート地
鬼岳の麓にあるコンカナ王国は広く整った敷地にコテージが幾つも立ち並ぶ。鉄分を多く含んだ鬼岳温泉が人気です。
九州観光大百科事典へ>>バラモン凧の絵付け体験
武家屋敷のふるさ館
バラモン凧の絵付け体験が出来ます。
お抹茶芋羊羹セット
武家屋敷ふるさと館の喫茶コーナーでちょっとブレイク。

住所:五島市武家屋敷2丁目
TEL:0959-72-2083

五島牛
美味しい五島牛をお試しあれ!
大自然で育てられた五島牛は脂身が少なく味も肉質も天下一品!

日島の野生鹿
人なれした野生鹿
日島の漁村近くの山には約300頭の野生鹿が生息しています。
高井海水浴場
サーフィンができる高井旅海水浴場

ログハウス・コテージがあり、グループ・家族などでの利用に最適です。 矢堅目
矢堅目の夕景

ここで見る夕焼けはすばらしく水平線に沈んでいく太陽をゆっくり椅子に座って見ることができます。矢堅目の塩作り
矢堅目の駅 塩作り
矢堅目の塩本舗では自然海水をくみ上げ薪で時間をかけて精製していきます。結晶の粒が大きくミネラルたっぷり!
ハコフグ
郷土料理 かっとっぽ
「かっとっぽ」はハコフグを手開きにして味噌や生姜を詰めたものを焼き上げた郷土料理です。秋口から冬にかけて出回る旬の味です。夏場の「キツネカツオ」(歯鰹)は絶品だそうですが、痛むのが早いため刺身でいただくのは地元でしかできないそうです。また、旬のヤリイカもかなり美味!
あこう樹
国指定天然記念物あこう樹
樹齢650年を超える奈良尾神社のあこう樹は天然の鳥居。下を通るとご利益があるかも?!
地獄炊き
見て!食べて!体験しよう
地元の特産品手延べうどんの地獄炊きはオススメです。

店:五島うどんの里
住所:上五島町有川郷428-31
TEL:0959-42-0680

他の九州の魅力を見る

九州の自然
九州の温泉
九州の食
九州の歴史・文化
九州の人情・おもてなし

イベント情報

PAGETOP